(初心者向け)お腹が凹む!水泳で運気アップ!ウォーキングジャンプでシェイプアップ

水泳でシェイプアップポイントは簡単ストレッチで運動不足解消!

軽くほぐれたところで早速プールに入って行きます。ここであなたに質問です!あなたは一番最初にプールに入水していき足が底に付いた瞬間どの様な動きをしていますか?「ズドン」と着地しています?さりげなくジャンプしていませんか?

はい!そのジャンプがポイントなのです!

 

ウォーキングでのポイントはジャンピング!だから水泳で運気アップ

水中ウォーキングでの私のポイントはジャンプをしながら歩くことです!え?ジャンプしながら⁉と思われたと思いますが、これこそが私が体感する水の抵抗を最小限に抑えて前に進む原動力になります。これを繰り返すことによって水泳のシェイプアップ効果です。

 

ジャンプジャンプというか上下上下の連続で歩いて行くというイメージです。色々な雑誌やインターネット等の情報で紹介されているウォーキング法がありますが、なぜが私にはしっくりくることがなくオリジナルウォーキングになってしまいました。

 

まずはまっすぐ歩いてみましょう

kuro-ru-1

≪正面を向いた歩きかた≫

ここで注意してほしいことが陸上で走るみたいに絶対に手をグーにしてはいけません。水の抵抗がなくなって腕を振りやすくなります。水の抵抗がなくなったほうがいいんじゃないかなって思いますよね。ここでは真逆になります。指を伸ばして水をかかないと前に進みませんよ(笑)

普通に歩くと「ん。水の抵抗を感じて歩きにくい!」私の場合ですが普通に歩くと抵抗を感じてなかなか前にも進まず何か歩きにくくありませんか?足裏が滑るとか、せっかく前に進んでいたのに他人が引き連れてきた波で抵抗を受けてブレーキかけられるとか(笑)

 

普通に歩いて構いませんが私はとにかく最小限の力で簡単にスピードが出ることを意識しています。

 

≪水中ウォーキングでのメニューや考え方≫

周りのペースに巻き込まれたりせずに、スピードが速い人がいても気にせず自分の体調の状態に合わせてくださいね。決して無理はしないでください。私は陸上で例えるなら早歩きを心がけています。メリハリをつけて50m早歩き、次の50mはゆっくりと歩いて呼吸を整えてみたいな感じで行っています。

短水路(25mプール)は距離が短いので壁から壁があっという間に到着してしまいます。

長水路(50mプール)の方どちらかというとスピードも出しやすくちょうどいい距離です。

 

陸上で歩くようにはなかなか確実に歩けないのです。両腕も手のひらを広げて使いながら歩いていきます。陸上で歩くみたいな腕の使い方をすると抵抗があってストレスを感じます。クロールみたいに上に回しながらとか、上に上げない水中クロールバージョンとか(笑)

 

ポイントとしては水中で右、左、右、左と指先から入ってきてしっかりと奥まで伸ばすことです。「もうこれ以上伸びない~」って腕でも水をかくことでグイグイと前に進んで行きます。

 

その時態勢はどうなっていますか?

 

体が真っ直ぐに起き上がっていませんか?

 

私の場合上半身は前のめりになっています。

 

前に倒れるんじゃないかくらいです(笑)

 

ジャンプしながら腕も使って歩いてみてください。腕を使うときは中途半端に伸ばすのではありません。伸ばすときはしっかりとこれ以上もう腕が伸びないくらいグッと遠くの水をつかんでいきます

ドンドンスピードが出て気持ち良いですよ!

歩幅を大きくしてみたり、小さくしてみたりしながら色々と楽しんでみてください。

常に体の力は抜いてグニャグニャのイメージで行ってください。

水に流されるくらいで、

水に漂っている感じですね。

 

syosinnsyasuieidaietto5

横歩きです。ここからが水泳で運気アップ個人差が出てきます

横歩きも同様に全身の力を抜いて軽く腰を落とします

野球でいうと走塁ランナーがリードする感じです。

これもさりげなく小刻みにジャンプで移動していきます

反復横跳びのイメージで結構です!

肩を水面ギリギリ位の高さに腰を落としながらここを起点とし上下運動を行うことがポイントです。

いかがですか?簡単に横移動できたと思います。

カニサンたちも海中ではこんな感じで横移動しているのかな?想像してしまいます(笑)

 

syosinnsya suieidaietto

コメント